New Soul Lounge

日々のエモい瞬間を更新。

chillに過ごすアレコレ

シャローム

二月に入って、日も長くなってきたなと感じます。

晴れの日の夕方の、オレンジと薄い青が混ざったような空を見ると、何故だか感傷的な気持ちにさせられます。冬越えっすね。細野晴臣さんっすね。くしゃみをひとーつー( *´艸`)

 

空をほげーっと見るような一瞬であっても、私はそうした瞬間で気持ちがリセットされます。今回は、そうした短い時間での気持ちのリセット方法を紹介したいと思います。

 

1.コーヒーを飲ーもー♪ へーやをかざーろー♪

一つ目は、コーヒーを飲むことです。

仮に、コーヒーが好きではないなら番茶でもいいですし、ウコンの力でもいいです。やっぱだめです。笑

 

この過ごし方のポイントは、「何もしない時間を十分間以上つくる」ということです。コーヒーを入れてから飲み終わるまでの間は、スマホもパソコンも触らずテレビも見ずにボーっとする。これがルールです。初めはソワソワしますが、次第に今まで無駄な情報に時間を浪費し、感情をかき乱されていたことに気づきます。

 

また、淹れるコーヒーもインスタントでなく、少し凝ってみるといいでしょう。

スペシャリティコーヒーというものがあります。

インスタントコーヒーや缶コーヒーなど、市場に安価で売られているものは、その国の様々な地域・地区の豆が混ぜられた状態で輸出されています。お米で例えるならば、新潟魚沼産のコシヒカリとその他の安価な米や古米が混ざっているような状態です。

 

一方、スペシャリティコーヒーは各国、地域、農園単位でカップテストをして、品質によって評価されます。その味は、雑味がなくてクリーンです。私が初めて飲んだ時は、味の輪郭がハッキリしていて、イヤーな酸味がなかったので、ブラックのまま美味しく頂けました。価格は、250グラムで1500円ほどです。毎日飲んでも、三週間~一ヶ月は楽しめます。千葉県住みの私は、浦安の『ゆうかコーヒー』でよく買います。

 

f:id:vamoslads:20170206181737p:plain(参考:ゆうかコーヒー http://www.yuukacoffee.com/user_data/coffee.php

 

とにかく、一日の少しの間、外部からの情報を受け取らない時間をつくると何かと便利です。私は、朝を十分だけ早く起きて、この時間にあてています。思わぬ副産物ですが、コーヒータイムを設けてから、美味しいコーヒーを知ったので、缶コーヒーを買わなくなりました。その分のお金で少し贅沢なランチが食べられるかもしれませんね。

 

2.謎の楽器、Handpanが最高にchill!!

Handpanという楽器があるんですよ。

昨日かおとといくらいに知ったんですけど。ええ。

 

まあ、この動画チェケラ!


Sam Maher - New York Handpan 01

 

ね?わけわかんないけど、coolでchillっしょ?

この亀の甲羅みたいな楽器でどんだけの音がなるんだよっつー。

Handpanは、『鉄を主成分とする金属製の体鳴楽器であり、2000年にスイスのPanArt社が開発したハング(Hang)および、それに似た形状に作られた楽器の一群の総称』だそう。(wikipedia参照)

 

2000年に開発されたから楽器としては若いけど、関連動画や再生回数は物凄い多い!このHandpanを使った楽曲には独特の浮遊感がありますね。

 

私は、詳しい音楽理論については分かりませんが、Handpanを音楽理論を交えて解説されている方がいらっしゃったので、以下をご参照ください。

次世代打楽器ハンドパンの衝撃! – 丸いブログ

 

以上、短い時間で出来る気持ちのリセット方法でした。

もう一つ、銭湯に入るという最強のリセット方法があるのですが、長くなるので回を改めて。

 

大抵の悩みは単純な物事を複雑にしている・させられていることからはじまると思います。悩み出したら、その記憶をたどって初心を思い出す時間をとることが重要でしょうね。

 

では。Bless you.